2010年3月25日木曜日

福砂屋のカステラ

長崎の旅から帰った叔父夫婦に、「福砂屋のカステラ」をもらう。
福岡出身の友人が「カステラは福砂屋たい」と言っていたのを思い出しながら切り分ける。

カステラについている、シャリっとした感触の粗い粒の砂糖が好き。
今回はしなかったけれど、このカステラにバニラアイスをトッピングして食べるのがまたいいのだ。

この老舗のシンボルは蝙蝠(こうもり)。コウモリは日本ではいいイメージがないけれど、中国では縁起のよい生き物らしく、宝飾品のモチーフにもよく登場する。

アール・ヌーボー時代のヨーロッパの陶磁器、ガラスを美術館で案内したときに初めて知ったことで、今こうして包装紙のマークを実際にみ、「あ~、つながった」とちょっと感動している。

2 件のコメント:

megu さんのコメント...

あ~福砂屋のカステラ(^o^)丿
だぁ~い好きです。
あのしっとり感がいいですね。

ももゆき こと momo さんのコメント...

し、しまった~。
4月の某ご来客のために、半分は
冷凍して置いておくんだった…。
すっかり食べてしまった私。
うちの殿は一切れだけでした。