2012年10月5日金曜日

メイコさん



善通寺(弘法大師生誕の地)の遍照閣でのイベント。

知人の誘いで、心と命のフォーラム「山折哲雄氏を囲んで…《生きる作法・死ぬ作法》第6回」の対談を聴きに出かけた。山折氏は高名な方らしく、毎回大勢の人が聴きに来るようだ。

今回は話上手の中村メイコさんがゲストということもあり500名入る会場には700名ほどつめかけ通路に座り込んでいる人もたくさんいた。

メイコさんが語ったお話で、
「オムツをしていた2歳のころからずっと仕事をしている」と娘のカンナさんに自慢したところ「じゃあ、オムツをまたするころまでがんばりなさい」と言われたそうで、会場は笑いに包まれた。

メイコさんはお話もおもしろいけれど、おしゃれなところも大好きなので、この日のファッションをしっかりとメモし、絵は家に戻ってから思い出し思い出し描いた。
まず、淡いピンクのレースニットの長袖チュニック。同系色のロングネックレス。花柄のレギンス、紫の靴下(タイツかも)。一番気に入ったのは花柄のレギンスで、これはマネしたいとひそかに思った。実物のメイコさんはかなり小柄な方で隣の女性が「メイコさん、ちっちゃいね~、かわいいね~」と連れらしき人と話していた。



テーマの生きる作法、死ぬ作法の内容はアハハ、と笑いながら聴いているうちに忘れてしまった。山折氏やメイコさんの著書を読むと思い出すかもしれない。

このフォーラムは年に2回、春と秋に開催されるが平成26年の春には作家の曽野綾子が来るらしい。小説は読んだことがないがエッセイは大好きなので、またこのフォーラムに来るとしよう。

2 件のコメント:

nono さんのコメント...

カンナさんのひと言もいいね!
メイコさんの著作は読んだことないけど、カンナさんのエッセイだったかな・・は、印象に残っています。
いい子だね。

メイコさん、何も言わずとも、このお年でこの姿でそこに立つ。もうそれだけで、アピールするものが湧き立っているようで、いいねぇ、あやかりたいです。


momo さんのコメント...

メイコさんの体型や髪型が自分とも似ているので親しみを感じているの。あんな風に年を重ねたいと思っています(^^)