2012年9月11日火曜日

克服してよ、雷

玄関ドアに爪をたてて傷だらけにし(やがっ)たので
薄ベニヤや段ボールをガムテープで貼り付けて保護。
翌日、家犬Sは爆睡中。あれだけ何時間も
ドアや板をガリガリして暴れてたら眠いはず。




前夜10時過ぎ。雷が鳴ったので急いで家犬Sを庭から玄関に入れた。こうしないと仕切ってある庭の柵をよじ登ったり、噛み砕いたりして越え、雷のない国を目指して逃亡する。先日は丸1日たっても帰って来なかったので、「尋ね犬」の張り紙を作ろうかと本気で考えていたら、泥まみれで玄関に帰って来ていた。

脱走できない柵を作れば‥と誰しも思うだろうが、これについては殿がどんなに工夫しても、あざ笑うかのごとく軽々とクリアし、両者の間でネバーエンディングバトルは続いている。もうおばさん犬(11歳なのでおばあちゃん?)なのに、その身体能力と頑丈さ、しつこさは尊敬に値する。

そして午前2時過ぎ‥
雷はいっこうにやまない。Sはカリカリ、ガリガリとボリボリといろいろな音をたて、ハアハアハアと荒い息遣いで私たちを不眠へと道連れにする。
「む?妙なものをかじっていない?ゴルフバッグじゃないの?」
殿、飛び起きて確認にいく。どうやら違ったらしい。が、Sから遠い場所にバッグを移動させたようだ。

途中、本を読んだりして、「あ~、眠れない」とボヤいているうちに、気がついたら朝だった。
Sの様子をみにいくと玄関で爆睡していた。段ボールはボロボロになっていた。

それにしても、何とか雷を克服してくれないかなあ。
盲導犬を養成するときには、犬の嫌がる音とかを録音で流して幾度も体験させて慣れさせるときいた。録音した雷を聴かせれば克服できるのだろうか。

3 件のコメント:

トド さんのコメント...

玄関ドア、傷だらけになっちゃって大損害ですよね。木製のドアなのね。直すと高いし、直してもまたショウちゃんが暴れるかもしれないしね。すごく怖がるのね。犬ってそうなの?それとも特別怖がり?

megu さんのコメント...

ショーちゃん可愛い。
なんて、のん気な事言ってられないですね。
彼女にとっては一大事。
momoさんちの玄関ドアも一大事。

トドさん、お久しぶりです。
犬も人と同じで雷を怖がる犬とそうでもない犬と、いろいろです。とりあえず、人よりも耳がいいし怖い時間も長いから本人(犬ですが)にとっては一大事なのだと思います。
星になってしまいましたが、ゴールデンのうらんは雨の音も風の音も嫌いでしたよ。

ももゆき こと momo さんのコメント...

☆トドさん
ううん、ドアはスチールというか何と言うか金属です。だからガリガリしたときに音が強烈に耳ざわりです。犬の本能で怖がるらしいのでそういう犬がいるのも当たり前なのですって。だから特別ではないみたい。

☆meguさん
かわいいでしょう。寝顔が一番かわいいのは子どもと同じね。ゴールデンのようなおっとりした犬でも怖がるみたいですね。知り合いの家のセントバーナードもあのからだで怖がっていたらしいから(^^)