2012年1月1日日曜日

元旦

元旦。帰省していた息子を叩き起こし、地域のコミュニティセンターに集合したのが午前6時半。今年で5回目となる、「四社詣で」に、家族で参加した。王子神社を目指して100人ほどの町民が田んぼ道をゾロゾロと連なって歩く。今年は何故か道が明るいので、もしかしたら出発時刻を遅らせているのかもしれない。

王子から大窪池に移動。池畔で寒さをこらえつつ、足踏みしてご来光を待つ。

今年もドカ~ンとは出てくれず、空が明るくなってきただけのご来光だった。

実は元旦は私の誕生日。
東の方向に向かっていつもより丁寧に祈る。
王子神社→大窪池、次は八幡神社へ移動。

道中、同じ自治会のYさんと並んで歩く。
同じ鹿児島県出身なので、普段からよくお話している方だ。1年ほど前にグランドゴルフを誘われるも丁重にお断りする。

「ご主人も鹿児島だから、鹿児島弁が抜けないのでは」とたずねてみたところ
「そうなんよ。ケンカになると『せからしか』『わいが おいが』の世界になる」と笑う。
(せからしか=やかましい)

八幡神社では昆布茶のお接待。
次の3社めは八坂神社。女性神主が新年の寿ぎ(?)をあげていた。
お神楽も奉納される、なかなか素敵な神社だ。

ここでは当番の氏子さんが焚き火を守り、参拝客にふるまわれた紅白の餅を
焼いてくれる。最後は讃留霊王神社(讃留霊王<サルレオ>さんの古墳があった場所)。

ここは何もお接待が無いのでさっさと詣でる。
そして最初の集合地コミュニテイーセンターへ戻る。それもイソイソと戻る。
なぜかというと、ぜんざいがふるまわれるから。婦人部が昨夜から仕込んだ
ぜんざいに、熱々の焼餅をいれてのお接待を受けるとしあわせな気分になる。

無事に5キロを歩きとおし、家族3人で家に帰還。お屠蘇、雑煮、かたちばかり
だけれど一応御節。かくして元旦はゆるりゆるりと暮れ行く~~~。

2 件のコメント:

megu さんのコメント...

しまったっ!ごめんなさい。
今年もうっかり。。。。
お誕生日おめでとうございました。
見るからに若い少女のようなmomoさんの
お写真に喜んでます。

で、女性神主さんって珍しいですね。
って、従妹はお寺を継いでお坊さんですけど。

花びら餅♪おせちよりも、この時期だけ食べられる花びら餅が大好きであります。
からすみもね。

ももゆき こと momo さんのコメント...

お土産にもっていったはなびら餅ですが、
この店のはやたらでかかった(^^;

あれって小さいほうがソソとしてかわいらしいですね。

私も初めて神主さんをみたときには
びっくりしました。へ~、女でもいいんだってね。

むむ?少女ですか。
写真を小さく加工した甲斐がありました。
お腹のでっぱりは幼女にむかっています。

からすみが好きって…
meguさんはオ・ト・ナ