2010年4月23日金曜日

たまには図に乗ってみる

このところ体調不良でコーラスの練習を休んでいるZさん。
その彼女のソロ部分を、彼女が復帰するまでの間代行している。

力の差はおろそしいほどだが、数日前の練習後、音楽室の椅子を
片付ける私の背中に
「少女みたいな声でかわいらしかったよ」
とアルトのMさんから声がかかった。


自分では「たいしたことはない」とわかってはいてもやはり嬉しい。
素直に彼女の誉め言葉をいただき、ちゃっかりと図に乗って
その夜はエビスをプシュッ。

4 件のコメント:

megu さんのコメント...

あ、残念・・・
あの日、チラッとピアノの存在を考慮の上で『ちょっと聴かせて』と、喉元まで出た言葉を飲み込んだワタシであります。

きっと、のびやかな声なんだろうなぁ~って想像しております。

次回はヨロシク(^o^)丿

ももゆき さんのコメント...

いや、声楽的にはヘタクソです。
歌心もあんまりないし(^^;

でもいつかミサ曲をハモリましょう。
って…meguさんは声的にはアルトなのかソプラノ、あるいはメゾなのか見当つきません。

ほら、話す声と歌う声って違うものね。

megu さんのコメント...

ワタシでやんすか?
中学時代はソプラノでしたが、
高校時代はアルトでして。
一応、兼ねてましたけど合唱部なり~。

でも、最近はすっかり歌えなくなり・・・。
教会でも声の出る所だけハモる(泣)

歌わないとどんどん声は出なくなりますね。
ですので、伴奏にまわりますデス。

ももゆき こと momo さんのコメント...

私の団にもソプラノとアルトの両方歌える人がいます。言えることは、声の音域が広い。それと、譜面がすぐ読める。きっとmeguさんもそうなのでしょう。

歌わないとサビつくのは本当だと思います!
「あのアイドルは今」で久しぶりに歌う昔のアイドルはもう声が出ない。でも、営業であちこち回って歌っている人はやはり上手。
(なんて例えでよかったのか?)