2011年12月24日土曜日

お国のために半年間

総務省統計局が無作為に選んだ結果、わが家が調査協力の1軒に当たったらしい。説明に来てくれた担当の人によると半年間綿密な家計簿をつけなくてはならない。野菜や肉の重さを計るための卓上はかりと電卓、筆記用具つきで、調査の終わる半年後は「くださる」らしい。

元旦からさっそく記入しなくてはならず、半月ごとに担当の人が回収に来る。それだけでも気が重いのに、2月は「資産、貯蓄調査」… う~む、気が重いぞ。めちゃめちゃ重いぞ。国民の義務とはいえ何で「抽選」に当たったのか。くじ運は別なところで発揮したかった。

4 件のコメント:

かん さんのコメント...

家計調査は大変ですね。できない人のほうが多いんじゃないでしょうか?
旅行の経費は特別支出で計上でしょうかね。旅先でも細かくレシート取っとかないとね。

私は労働力調査が、当たりました!
11,12月の最終週の1週間、どこで何時間働いていたかを記入。

来年もあるそうです。
総務省から、事前のお願いの郵便物が来て、担当の調査員の方も事前に説明に2度も来たよ。11月のときは軍手のタオルの圧縮セットというトランプ大のジャコをいただきました。
12月はお礼の手紙だけでした。^_^;

かん さんのコメント...

ジャコじゃなくて箱でした。^_^;
ちゃんと確認して、送信しなさい>自分

石松 さんのコメント...

おいらは市のアンケート調査に当たったことがあるくらいです~(=^‥^A アセアセ・・・

家計調査なんて絶対に無理。。。
食材の重さまで計測ですかぁ?
おいら自分の重さもなかなか量れないのに
統計を取るのって大変なんですね

広島県から応援してますからねぇ\(^o^)/

ももゆき こと momo さんのコメント...

☆かんさん
そうなの!台湾に行って使った支出はどうすんのか、と真っ先にそれを思った。まあ、1月半ばに回収に来るので聞いてみるけれど。

労働力調査!?
そんなのもあるんですね~。それは勤労で賃金をいただく人のみが対象?主婦は対象者になるのかな。

トランプ大のジャコ、ってどんな魚かと思った。

☆石松くん
私は自慢じゃないけれど、丼勘定な人間なので
こういう調査には全く向きません。広島からやってきて私のかわりに書いて。