2009年9月11日金曜日

にがごい(ゴーヤ)




庭で実がついているのは知っていた。
その後、すっかり忘れていたら、オレンジ色のゴーヤになる。


ちぎって来て台所に置き、またしばらく忘れる。

ある日持ち上げたら、パックリと割れ、中から想像もできないような真っ赤な果肉があらわれた。どろどろした果肉の中には種が。おそらく黒かったのだろうが、気持ち悪くて確認しなかった。

スーパーで売っている名前は「ゴーヤ」「にがうり」だけれど、私にはふるさとの呼び方の「にがごい」がしっくりくる。子供のころは大嫌いだったけれど、今はよく食べる。ただ、からだにいいことと、流行とで、少しカッコつけて好きなふりをしている気がしないでもない。

4 件のコメント:

hana さんのコメント...

秋だわ~
絵ごころがそそられる色ですね (o^x^o)

ももゆき こと momo さんのコメント...

hanaさん、おはよう。京の都もよいお天気でしょうか。きれいな色でしょう?あの黄色い皮(?)も食べると甘くておいしいのだとか。”そそられた作品”の到着をお待ちしています(と、さりげなくねだる)

hana さんのコメント...

京都もいいお天気でした。
有意義な日曜日を過ごされたようで (o^x^o)

私は天気に誘われタオルケットを洗ったのでお出かけなしでした。(^^ゞ

こんな七色のゴーヤが来年手許に届いたら描いてみますね(と、さりげなく逃げる(^o^ゞ\バキ!!)

調べてみたら青いゴーやの絵てがみ”ねねさん”に送ってる。それ、マイ・掲示板にさりげなくのせておくね(^_-)

ももゆき こと momo さんのコメント...

タオルケットを干したら、日が高いうちに取り込まないと、湿気たときにいやですもんね。

あはは、うまく逃げられてしまった。

ねねさんに描いたんだ(^^)
ではでは、そちらの掲示板に後ほどお邪魔いたします。