2012年4月18日水曜日

カナちゃんの法事



「法事のお供えのおすそわけ」をとりに来て、と叔母から連絡があったので
殿が仕事帰りにとりに寄った。「近所の人がカナのために1周忌をしてくれて
お供えを持って来てくれた」との叔母の言葉。

殿が提げて帰った袋の中にはカステラ、ロールパン、シーチキン、ジャーキー。
生前カナちゃんが好きだったものばかりを近所の人が持ってきてくれたそうだ。

うちのショウとはずいぶん好みが違う。
カステラやパンをやると、すぐに庭に埋めにいくもの。
ジャーキーとシーチキンは喜ぶかな
(シーチキンはちょっとカラダには悪いけれど)

ショウが使っている木造セカンドハウスはカナちゃんの遺産わけでもらったもの。
庭の東南の一番いい場所にある。そんなわけで、ファーストハウス(予算の都合で
安物しか買えなかった)は庭の隅に転がされている。

カナちゃんは亡くなったときもお線香をたててお通夜をしてもらったし
一年後はこうして近所の人までやってきて法事までしてもらった。
なんてしあわせなワンコだろう。
目を閉じると、四角な胴体の、ずんぐりむっくりな姿がよみがえる。

2 件のコメント:

トド さんのコメント...

カナちゃんって犬だったんですね。法事のお供えがまるで人間の食べるものだったので、お子さんが亡くなったのかと思いました。犬は雑食ですが、ほんとに何でも食べるのね。ショウ君は普段の餌もドックフードじゃないのですか。
きぬさやとえんどう豆、美味しそう!家庭菜園、豊作ですね。

ももゆき こと momo さんのコメント...

ふだんはショウ(女の子です)もドッグフードだけですが、いけないことと知りつつ時々から揚げやハムがトッピングとしておまけがつきます。だって、うれしそうなんだもの~。

きぬさやもスナップエンドウもごちゃまぜで毎日食べています。今やっている総務省の家計調査には庭でとったものもお金に換算しなくてはならないので、カゴの山盛りで300円として書いています(笑)