2009年10月7日水曜日

犬島時間

 3日(土)美術館の研修で、直島・犬島ツアーに行く。直島は二度目だったが犬島は初めて。この島には確かな「犬島時間」がある。

←この画像は、精錬所の心臓部ともいえる「発電所跡」。
煙突と壁、井戸しか残っていない廃墟なのだが、私には教会のような、祈りの場所に思えた。

以下、歩いた順序で画像を並べる。ひとこと程度の説明はまたあすにでも。
犬島は、直島より凄いかもしれない。
















2 件のコメント:

かん さんのコメント...

犬島、写真で見る感じではかなりいいですね。

期待してます、コメント。。(^_-)-☆

本日台風のため、出勤の必要なしとのメールが昨日ありました。
もう、過ぎちゃったけど、お休みしていいものかしら?
今、上に確認メール中です。

あらら、また曇ってきちゃった。

ももゆき こと momo さんのコメント...

さて、丸もうけのお休みとなったかな?(^^)

廃墟ってのは意図したアートではないだけに胸に迫るものがあります。精錬所あとも圧巻でしたが、柳幸典の、三島由紀夫の住まいの廃材を利用した作品も凄かった!文章の文字が降ってくるのです。直島のベネッセハウスにある柳氏の万国旗と蟻の作品とは全く趣が異なり、異才の人だなと思い知りました。いつか犬島にご一緒しましょう。岡山から入るか、もしくは直島から船が出ているようです(私たちはチャーターだったので)